谷川街道古道を歩く
南海電車で多奈川駅へ。
以前にここから和歌山県境にある
谷川港まで歩いたことがあるのですが
図書館でみた本によると、
バス道を迂回する旧道があり、道標も1基ある
とのことなので、知らない部分を歩きに行ってきました。

(参考書名:『泉南の街道 および水間寺への道』  著者 田中米雄)
2011年1月8日撮影
まず歩いた道のGPSロガー画像をどうぞ。クリックで拡大

多奈川駅 ここから南へ歩く

進行方向右に発電所が見え

ゆるやかな峠を越えて谷川の集落の東端の谷川橋交差点をそのまま南へ

ミ二ループバスが1時間に2便ほど通っている

井蛙塚のある交差点:
直進すると小島港を経て和歌山へ
左折すると西川に沿って上って
二ノ宿峠(大阪府最南端)までいくことができます。
2008年6月の二ノ宿峠の記事 ⇒ クリック
この日(1月8日)は右へと谷川街道古道へと進む。

井蛙塚は道標になっていて 右 大川 加太 道 との文字がある。
参考書『泉南の街道』には
井蛙塚(せいあづか)の由来が記されていてーーー
井蛙塚
の由来はこうである。
昔、この近辺にかなり偉い文人が住んでいた。近所の人達に
「あなたは、相当偉い人らしいですね。」と言われて、
「いやいや。わしなぞ井戸の中の蛙みたいなもんですわ」と答えたという。

西光寺山の北側を西へと進む。
先ほど通ったバス道が田畑の向こうに見える。
谷川集落の中を通り抜けるほうがずっと近道のように思えるけどナ〜なんでやろ?

西光寺山の北側を進む道から南へと上る道に入る。

西光寺山は標高が低いのですぐに峠(長坂峠)にある道標までたどり着く。
ピアッツア5 の敷地の北端にあるので周辺は写真の様に整地されている。
道標の文字(参考書のまま):左ハ阿己し満(あわしま)   ⇒ 淡島神社

ピアッツア5 の東下側を通る道路に旧道を示す案内がある。

ほとんど人通りがなさそうな細道

峠池に出て、池を南へまわるとバス道に合流

峠池橋を南側から北向きに見た様子。古道はここまで。

小島港の南・和歌山県境にある石碑(2007年8月14日撮影) 文字:是南 紀伊国 大川