※画像をクリックすると拡大画像(約100K)になります。
御堂筋
大阪のメインストリート
御堂筋彫刻ストリート
御堂筋の彫刻を撮り始めたのは2004年の元旦に難波から中之島へ
向う途中に目に付いた
「ジル」という作品がきっかけでした。
これから何度も足を運んで、少しずつ視点を広げて、
自分なりに御堂筋らしさを見つけていきたいと思っています。

撮影日
2004年5月5日
2004年6月20日

御堂筋の西側
上が淀屋橋側
北(上)から南(下)
の順に並んでいます。
御堂筋の東側
←(左)
ダンサー
(右)→
みどりのリズム
(右)→
休息する女流彫刻家
←(左)
水浴者
(右)→
座る婦人像
←(左)
ヘクテルとアンドロマケ
(右)→
姉妹
←(左)
啓示
(右)→
みちのく
←(左)
大空に
(右)→
陽光の中で
(ひかりのなかで)
←(左)
イヴ
(右)→
ジル
←(左)
踊り子
(右)→
火の王NO.1
(右)→
若い女
←(左)
レイ
(右)→
腕を上げる大きな女
(右)→
←(左)
アコーディオン弾き
(右)→
道東の四季-春
←(左)
髪をとく娘
(右)→
ブレンタのヴィーナス

2004年元旦撮影
の2点
2004年6月20日撮影
の2点
デジカメで撮るだけで
ずいぶん明るく写ります。
彫刻は黒っぽい作品が多く
なかなか表情までとらえにくいのですが、
撮り直しを重ねて徐々に見てもらいやすい
写真に仕上げてゆくつもりですので
どうか気長にお付き合いお願い致します。