※画像をクリックすると拡大画像(約100K)になります。
陸橋
←(左)
境川
1999.10.09

(右)→
下寺町
1999.09.26
←(左)
阿波座1丁目
1999.10.10

(右)→
汐見橋
1999.10.20
←(左)
大手前
大阪城が見える陸橋
1999.10.11

(右)→
農人橋
1999.10.11
←(左)
梅田
2000.10.14

(右)→
元町2丁目
中央の建物は
大阪府立体育会館
陸橋は改造されましたので
現在この部分はありません

1998.11.03撮影
←(左)
法円坂
2001.11.04

(右)→
市岡元町
これだけ側壁のスキマ
が広い陸橋は
あまり見かけません
2002.02.24

陸橋の上にいると、都会のまん中なのに、人里はなれた
遠い所にいる様な、孤独な錯覚を感じてしまいます。

足の下を通る車の、ヴゥア−−という低い騒音も、
はるか遠くから聞こえてくる、風の音か滝の音のようで、
大げさな表現になりますが、
別世界への入口へ続いているようにさえ思えます。

ポツンと高い所に立つ、という事が日常的に
あまり無い事なので、そんな風に感じてしまうのでしょうか?

とにかく陸橋の上は、他で味わう事のない
独特の不思議な感覚があります。