youtube投稿ムービー
これまでにブログで公開していた「youtube投稿ムービー」を表にまとめてみました
河内長野市の滝畑ダム上流にある滝。蔵王谷にある光滝と荒滝との間にそそぐ支流(御光滝谷)を上った「ところのある滝。山深いムードがあって良い滝です。この滝の上流に双子滝もあるそうです。また秋か来年にでも
2012年7月15日撮影
光滝の上流にある滝です。
2012年7月15日撮影
河内長野にある滝畑ダム上流の蔵王谷にて撮影。個人的にはこの滝の爽快感は大阪の滝の中でNO.1だと思う。滝畑ダムの上流には民家は無いので水もきれいです。何カ所かで見た「ねむの花」も印象的でした
2012年7月15日撮影
河内長野にある滝畑ダム上流、御光滝のそばで撮影。滝に近づくためにはヘビのいる石を踏んで向こうへ渡る必要がありましたが、無理をすると川に落ちそうな気もしたので渡るのは断念。ヘビの大きさは20センチくらいで、しかもほとんど動かなかったので、危険を感じずに撮影できました。
2012年7月15日撮影
生駒山あじさい園の一角にある「どんぐり池」で撮影。昔に川で釣りをしたことがあり、かなりいろいろ釣ったつもりながら、見覚えのない魚がいたのでムービーで撮ってみました。体長は10センチ以下ぐらい。ヒレが大きめで泳ぎが敏捷、それと体全体がやや黒ずんで鱗の輪郭がみえそうなのが特徴。
☆追記☆:ヒレが黒いのはモツゴの雄、だと判明。大阪府水生生物センターで教えてもらいました。
2012年6月23日撮影
生駒山にある「あじさい園」の北側で撮影。ウグイスを肉眼で見ることができたのは初めてで、しかもムービーに撮れたのはラッキーでした。
2012年6月23日撮影
大阪府大東市のハイキング道にて撮影。もうセミが出るのか!と驚いたのでムービーで撮ってみました。
2012年6月17日撮影
晴れて暑く感じる日の午後に都島区側から東淀川区へと渡った様子です
2012年5月27日撮影
菅原城北大橋上から淀川上流向きに撮影。胴体が太いので鯉ではないかと思いしましたが、鮒かもしれない。淀川下流域でボラの大群は見ますが、鯉や鮒は果たして群れになるのでしょうか?
2012年5月27日撮影
生駒山地の室池から流れる権現川にある滝。落差15m。
2012年4月21日撮影
京阪私市駅から南東へ1kmほど歩いた、府民の森くろんど園地への途中にある小さな滝。滝へと上る細い階段状の道に独特のムードあり
2012年5月1日撮影
これだけ大きな声で長時間鳴き続ける鳥も珍しい。場所は淀川の長柄橋下流
2012年5月19日撮影
大阪市西区で撮影。金環食は見逃したものの、なんとかその後の日食を撮ることはできました。
2012年5月21日午前8時撮影
北区の十三大橋下流にある干潟での様子。引き潮時に淀川の水位が下がると浅瀬にいる小魚を狙いやすくなるようです。1分21秒あたりでクチバシにくわえた小魚が確認できます。その直後、大きい魚に驚いて跳びよける様子に意外性あり
2012年5月13日撮影
「くさか園地」から「むろいけ園地」まで歩いた時に撮影したムービー。時折、満開の山桜を散らす強風が吹いていた。
2012年4月21日撮影
現在、立入禁止区域が設けられ自然に帰す実験中のサル達が、一般のハイキング道に現れ、さらに数頭は観光客が多く通る滝道にまで進出してきました。近年サルには出会わなかったんですけど、今後どうなるのでしょう。
2012年1月14日撮影
2011年12月に滝を探している人にお付き合いして見に行った時は下段の部分だけだったので改めて撮影に行ってきました。箕面市と池田市との境界を流れる川にあります。
2012年1月7日撮影
箕面にも背丈を超えるほどのササ藪があったことにビックリ。15年ほど前に見た滝を探している、という方にお供させてもらってササのトンネルをくぐって滝を見に行きました。他の動画を見るともう1段上に落差の大きい滝があるようです。
2011年12月23日撮影
 能勢町天王の『はらがたわ峠』を北へ少し下った場所です。車は新道を通るので旧道の交通量は少なく、こんなこともあるのでしょう。
2011年10月23日撮影
 穂がでたばかりの、つやつやのススキを見るには10月初旬がいいようです。まだ葉には緑の部分も残っているので、「まだ早い」との声も聞かれましたが、そのあたりは好みの問題でしょう。
2011年10月8日撮影
 大賞受賞決定直後に行われた歓喜あふれる演舞の様子。こいや祭りの最後には優秀演舞5チームの中から一般観覧者の投票による最優秀チームが選ばれます。私もスタッフから無作為に声を掛けられて投票用紙を持っていた1人でしたが、このチームの躍動感に圧倒されて1票いれました。現地の大音響にカメラのマイクがついていけずノイズがはいってしまいました。
2011年9月18日撮影
 大阪城公園・太陽の広場で行われた『12回こいや祭り』最終どんぶりタイムの様子です。カメラの視点を変えたくて1回転しましたが移動できないほどの人の多さでした。
2011年9月18日撮影
 海を漂っている様な不思議な楽しさ!大正区千島公園で行われた第37回エイサー祭りでの1シーン=大城敏信さんの三線ライブの4曲目。心地よいノリに合わせて、どことなくユーモラスな踊りの輪が広がっていく様子は何度見ても楽しい気分になります。イヨソソ〜ハイ!ハイ!というリズムは酔えますね。
2011年9月11日撮影
 場所:大阪市大正区千島公園グランド※多くの太鼓がシンクロして舞う様子を見ていると、なぜか気分が高揚してくる。太鼓の打面が上下左右にひらひら舞う様子に魅了され、太鼓のリズムがますます心地よく響いてくる。
2011年9月11日撮影
自転車で淀川を渡るのは結構快感なんですけど、ムービーで見た場合はどうなんでしょう?
2011年6月4日撮影
淀川河川敷にて撮影。風が強目に吹いていました
2011年6月4日撮影
 一度見てみたかった雪の金剛山を歩いてきました。年末に寒波が訪れたので、雪見には元旦が良かったみたいです。上りはロープウェイを利用して1kmほど歩いて山頂へ。下りは伏見峠経由で歩きました。
 ジンベエザメ以外の生き物のムービー集です。順にまずアマゴ、そしてサワガニ、マンボウ、スナメリ、皇帝ペンギン、フグ、クリオネ、クラゲ、クマノミです。海遊館内は暗いのでムービーでないと撮りにくい場合が多いでしょう。
2010年9月23日撮影
 4度目の海遊館でしたが、ジンベエザメがエサを食べるとこ-ろを見たのは初めて...やっぱりジンベエザメは迫力がありますね。
2010年9月23日撮影
 大阪の市街地ではクマゼミが圧倒的多数でも生駒山地の山裾ではニイニイゼミの鳴き声も結構多く聞こえてきます。
 この日は鳴き声だけでなかなか姿が見えないにイニイゼミを八尾市の恩智城跡公園で1時間ほどかかって、やっとのことで2匹見つけたのでそのムービーです。
2010年8月1日撮影
 大阪には圧倒的にクマゼミが多い、というムービーです。八尾市の恩智城址公園にて撮影
2010年8月1日
 イタセンパラとアユモドキは、どちらも天然記念物に指定される程に絶滅が危惧されている淡水魚です。
川風が気持ち良くなる季節、淀川を長柄橋で渡って「水道記念館」へ。
淀川の包容力は豊かで、110種をこえる淡水魚が生息しているという。
でも保護が必要な種も増えてきていて、それらをまとめて保護と繁殖を行うとともに、淀川の水質保全を啓蒙しているのが「水道記念館」。美しい魚たちがたくさんいます
2010年5月8日撮影
 大阪の桜を落ち着いてゆっくり楽しむなら環境が整備されている「大阪城西の丸庭園」がオススメです。有料入場であるだけに、しっとりと美しい桜に出会えるでしょう。ナイター期間中に暮れゆく大阪城を背景に眺める桜が特に素晴らしいです。
2010年4月4日撮影
 大阪北浜のビル街を歩いていたら発見。土曜で人通りも少ないので中之島あたりからやってきたみたいです。スズメみたいに両足をそろえてピョンピョン跳ぶのではなく、このハクセキレイの場合は片足ずつ交互に出して歩くのが特徴です。
2010年3月20日撮影
 富田林で行われる“じないまち雛めぐり”は、今年で4回目だそうですが、
「富田林駅長お薦めフリーハイキング」に参加して今回初めて知る。
 和風民家が多く保存されている富田林寺内町で行われる“雛めぐり”だけに情緒満点。雛人形の展示は100ヶ所ほどで行われて、屋内だけでなく春風がそよぐ民家の庭や道路に面した場所にも展示されるので町全体が華やいだムードに染まります。
来年度にでもいかがでしょうか

2010年3月13日撮影
 大阪の道を歩く時…日本最古の官道と言われる“竹内街道”は、やはり1度は通して歩いてみたくなる道だと言えます。2010年1月10日についに歩きましたので、その記録を約10分のムービーにしてみました。

 大阪城の南にある難波宮遺跡から、かつて南へと丹比道(たじひみち)が造られ金岡神社〜大泉緑地付近で現在の竹内街道と出合っていたという場所は現在のところ明示されていないようですが、いつか明らかになるのでしょう

2010年1月10日撮影
 暗越(くらがりごえ)奈良街道で最も印象にのこるのは暗峠への急坂でしょう。
この道は国道308号線になっているんですが、全体に国道とは思えないほどに1車線がやっとの場所が多く、標高455mの峠部分は石畳だったりするんです。結構、意外性があって楽しめる道ですので1度歩いてみられてはいかがでしょう。
2010年2月28日撮影

 2009年の「大阪光のルネサンス」はこれまでよりずいぶんパワーアップしました。そのイルミネーション群の中を東会場から中央会場そして西会場へと歩き、おまけに八軒屋浜のラバーダックまでを撮り歩いてきましたのでご覧になってみてください。期間限定の大阪夜景はすごかった!市役所横の「イルミネーションストリート」はもう1つ別のムービーになっています。
2009年12月12日撮影
 12月12日から大阪市役所南側の「みおつくしプロムナード」に音楽メドレーが流れるとのことだったので、早速出かけてきました。音楽に合わせてLEDの色彩がめまぐるしく変化する中を歩くのは、何度見ても飽きがこない面白さです。「大阪光のルネサンス2009」もこれからが本番。今年は中之島公園東部から八軒屋にかけて新しく整備され会場規模が拡大したこともあってか、例年になく人が多いように感じられました。最終回は20時45分です。
2009年12月12日19時50分ごろ撮影
 滝といえば、大阪では「箕面の滝」を思い浮かべる人も多いはず、、、その滝を眺めるには紅葉の季節が最もふさわしい。12月に入れば紅葉は終盤とはいえまだまだ多くの人で賑わっていて、滝の水音が何とも言えないリズムで心の奥にまで響いてきました。やはり滝は写真よりもムービーで見る方がいいでしょう。
2009年12月6日(日曜)午後4時ごろ撮影
 10月3日に行われた『ウキウキ船さんぽ』イベントは1日限定の クルージングではありますが、今回は11コースで行われましたので、 いろんな場所で参加された方も多かったのではないでしょうか。今回5ヶ所で船に乗った中で、のんびりムードでありながら結構ス リリングな部分もあった中央卸売市場から大阪ドーム前岩崎港まで 運航された木津川下りのコースをムービーにしてみました。中央卸売市場発:15時25分
2009年10月3日撮影
 ラッキードラゴン》スペシャルクルーズ&《ウルトラ -黒い太陽- 》体験ツアーに参加した場合にのみ体験できるのが、《ウルトラ -黒い太陽- 》。住之江区の名村造船所跡地の巨大倉庫内に設置されているのですが、ラッキードラゴンを語るときには、どんなモノかをお見せした方がいいだろうと思ってアップしました。130万ボルト?の稲妻にご注目!
2009年9月23日撮影
 中之島上流にある八軒家浜でのファイヤーパフォーマンスをみて、もっと近くで見たくなって9月23日の《ラッキードラゴン》スペシャルクルーズに申し込みました。名村造船所跡地で《ウルトラ黒い太陽》を見た後、住之江区〜西区(京セラドーム)〜浪速区〜中央区(道頓堀〜八軒家)へと船でめぐってラッキードラゴンの魅力を堪能してきました。アート作品と言えば見に行くモノなのでしょうが、今回の場合はアート作品が各地を周回するという新しい趣向になっていていろんな場所で興味深かげに見つめる人々の姿がありました。
2009年9月23日撮影
 水都大阪2009 が始まって以来、中之島ローズポートのそばを通るたびに龍の首を乗せた「どうじま号」が気になっていました。HPを見ると9月11日に、そのラッキードラゴンの「ファイアーパフォーマンス」が行われる???とのことだったので夕刻から出かけてムービーを撮ってきました。ラーッキードラゴンは水と火を交互に吐くんですが、水を吐く部分はできるだけ省略して、火を吐く部分を強調する編集にしてみました。
撮影:2009年9月11日
 アートのことはあまり知らないので、「トらやん」の作者:ヤノベケンジさんの作品は初めて見ました。「水都大阪2009」のあちこちに展示されている中で、中之島図書館と大阪市役所玄関ロビーの作品だけをムービーで撮りました。あと、京阪なにわ橋駅「アートエリアB1」にある展示も造り込みが念入りで興味を惹かれたので、中之島ローズポートに停泊中のラッキードラゴンのスペシャルクルーズに申し込んでみようかという気持ちになってきています。これは別世界に入っていけそうそうですよ。
撮影:2009年9月4日
 中之島の最上流部に新しく設置された大噴水です。高さは20mあるそうでライトアップ時の方がくっきりと鮮明に見えますが、日中なら角度によって「虹 」も見えるでしょう。30分ごとに噴出します。
2009年8月23日撮影
 8月22日から始まった「水都大阪2009」の夕刻のライトアップ風景をムービーにしてみました。霧が噴出す「ミストエリア」も暗くなり始めると夕風とともに霧が深まり、頭上に揺れるメタリック短冊がライトが映えてムード満点です。今年の「水都大阪」は夕刻以降がオススメですよ。
2009年8月23日撮影
 大坂から京都へと向かう京街道上にあった「守口宿」にはまだわずかながら往年の旧街道ムードが残されています。旧道標のありかをたどってみると、街道歩きはより楽しくなるでしょう
2009年8月16日撮影
 大阪と奈良との県境を通るダイヤモンドトレールとよばれるハイキ ング道があって、これは北側からの入口付近で二上山への登り口に あたっています。大阪ではヒグラシの鳴き声を聴くことができる機 会は案外少ないのでアップしてみました。
2009年8月13日午後15時頃に撮影