※画像をクリックすると拡大画像(約100K)になります。
大阪の
自然海岸
←(左)(右)→
谷川港から見た
豊国崎
干潮時の様子
2002.04.28撮影
←(左)
ワカメ採りと
シュノーケル
(谷川港内)

(右)→
昼食時の人達
←(左)
潮だまり

(右)→
波打ち際
←(左)
進行方向の
和歌山方面
(右)→
谷川港側へ振り
返って見た様子
←(左)
山側の地層

(右)→
岩場が延々と
続きます。

平成14年4月28日
南海難波駅から午前11時2分発の急行に乗って11時53分に、
みさき公園駅に着き、5番線ホームから出る2両編成の多奈川行き
に乗り換え、終点多奈川に着いたのは12時13分でした。

ゆっくり歩いたので谷川港まで30分ぐらいかかって着き、
谷川港の波止から撮ったのが最初の2枚写真です。
ちょうど干潮時だったので海草の着いた石が広い範囲に見えています。

人工の手があまり加えられていない、自然な海岸を歩いたことは
あまり記憶にないので、意外だったばかりでなく、新鮮でノビノビ
した気分になれました。

ワカメ、ニナ(巻貝)、小カニを採る人達。
小カニはイガミ釣りの餌に使うということでした。

石から石への伝い歩きで、何度もコケそうになりながら、
歩くのも、なかなか体験できない感覚で結構楽しいです。

ケガの心配がありますので、あまりオススメできませんが、

「面白そうだ。」

と思われた方は、足元に注意しながら、
豊国崎から明神崎までの約2kmの「自然海岸歩き」にチャレンジして見て下さい。
これから夏場にかけて、潮だまりに、生き物の種類も増えてくる
でしょうから、そうなるともっと楽しめるでしょう。

当然の事ながら、潮の満ち引きの時間を調べてから行きましょう。

帰りは海岸終点の小島住吉バス停から、ミニループバスで南海電車の
多奈川、みさき公園、淡輪駅まで 乗車料金100円均一で乗れますので
同じ海岸を引き返さなくても帰る事ができます。
ただし、日中は1時間に1本しか運行されませんので、ご注意下さい。
運行バス会社:中日臨海バス株式会社 泉南営業所
TEL 0724-94-1110
※平成13年7月以降、南海バスに替わって運行されているようです。