鶴原道〜水間道〜土生郷街道
まず南海・二色の浜駅から海側を通る紀州街道にでて、紀州方向へと進み見出川を渡ってすぐの場所にある道標を確認。  左 紀州 わか山  右 大川 あわしま  
そこが
紀州街道孝子越街道との分起点。

 右へと海側を通る孝子越街道を進んで、
次の交差点から山側にある
七山へと向うのが鶴原・七山道
鶴原・七山道終点にある七山病院角にある地蔵道標に示す水間道で三上山を越え、さらに三ケ山を越えて木積

木積からは、土生郷街道で海側へと下り流木を経て蛸地蔵駅の南側を通り紀州街道まで。
土生郷街道は、やや見どころ乏しい道だったので、写真は少しだけとなっています。

(参考書名:『泉南の街道』および水間寺への道  著者 田中米雄)
2011年2月19日撮影

まず2月19日に歩いた道のGPSロガー画像です。地図クリックで拡大
10時21分 10時06分に二色の浜駅から歩き始めたので、こまで約15分。
      こ
の日は
紀州街道鶴原・七山道の交差点を確認するために、まず紀州街道へと進み
      その後、
孝子越街道 へと歩きました。
      
ここの道標は、上部の円柱になった部分に東西南北が刻まれた珍しいものです。
      
文字: 左 紀州 わか山  右 大川 あわしま
10時23分 ここが鶴原・七山道の起点(※もう1本南側の道なのかもしれない)
10時40分 鶴原駅の北側を通過
10時49分 熊野街道との交差点
11時25分 七山病院北角の様子。 地蔵道標の文字: 右 こう田  左 みずま
      水間方向へと進む
      前後方向に通る粉河街道東支線を歩いたのは2月13日 ⇒ クリック
11時26分 見出川を平池橋で渡る。
11時31分 進行方向の右手に素晴らしい土の道があった。 水たまりがいい感じ… この道へは進まない
11時37分 右下の道を行く 
11時39分 矢印の場所にいる人に声をかけてみた。
      「この道で水間方面へ行けるんですか?」
      「うちの畑はそこまでやから行ったことないけど、行けるんちゃう」
      との返事。
      それにしてもキレイ風景を維持しながら畑を作ってるなー
11時41分 道は矢印方向にあった。一見、右方向にあるように見えますが薮で通れない。
      
トラブルの元になるので農地部分に立ち入らない事。
     
要注意 農地を踏むと固くなるので耕作する人にいやがられます。
11時44分 このフェンスがあったので、他に道があるのか探したけれど、結局この道のみ。
      後で思うに、廃所となった
少年保養所が作った柵なのかもしれない。
11時49分 池の端の畦を進むと向こうに道あり。
11時54分 突然こんな廃屋に出合うと 一瞬ギョッとしてしまう。
      この建物に関する写真はこちら ⇒ クリック
12時22分 三上山を過ぎた所にあるため池。
      
三上山(さんのじょうやま)は、羽柴秀吉が天下統一を目指した頃の古戦場の1つ。
      天正13年に滅ばされた
千石堀城は池の向こうあたりの山にあったと思われる。
12時23分 水間鉄道・三ツ松駅へと向う下り道。 
12時36分 三ツ松駅 ここから水間鉄道に沿って通る水間街道三ケ山口駅
12時49分 三ケ山口駅から、水間鉄道を北側へと渡り、三ケ山へと左方の坂を上る。
13時10分 三ケ山の西端の頂が見えてきた。左の道で峠へと進む。
      
追記:三ケ山口から上ってきて1番高く見えたので、これが三ケ山山頂かと思ってしまいましたが、
      地図をよく見ると、ここから1kmほど東に205.1mの三角点があるのでそれが
三ケ山でしょう。
13時16分 峠を越えると見えてくる木積(こつみ)の集落。
13時17分 看板には 農園整備工事 とはなっているが…
13時30分 山を下って、そのまま南へ進んで辿りついた近木川に架かる竹田橋
      参考書「泉南の街道」に、「
土生郷街道の起点は南山橋あたり」とあるが、
      その
南山橋が見つからない。
13時46分 大阪にある国宝建築は5ヶ所。その1ヶ所がこの孝恩寺にある釘無堂です。
13時46分 1人では入りづらいので結局見ないで素通り。
13時49分 他に橋が見あたらないので、ひょっとすると、南山橋とはこの橋の旧名なのかも?
      
追記:ウェブ地図の拡大図でよく見ると、この橋の上流にもう1つ橋があるので
         その橋が南山橋だろうと思われます。
13時53分 土生郷街道には、もう1つの道があって葛城小学校横を通る。
14時15分 三ケ山への峠道の途中に変わった屋根の民家があった。矢印部分には唐臼石まであった。
14時18分 13時10分に1度通った峠の上り口に西側からやってきた。
      道路脇にある地蔵尊が道標になっているかは見づらくて確認できず。
14時33分 大阪外環状線下から見た進行方向。ここからは2車線道路となる
      地蔵道標の文字は、左・右から以下は布に隠れて読めず。
14時48分 道路西側にあった角形道標。 文字:右 水間 三ツ松  左 三ケ山
15時00分 車の交通量はさほど多くないものの、ご覧の様に直線道路なので高速で通り過ぎて行く。
      風景もやや殺風景で自転車すらあまり通行してない。街道ムードは低調
15時26分 津田川虎橋で渡る。この橋で熊野街道と交差している。
15時30分 JR阪和線をくぐって進む。
15時59分 南海本線・蛸地蔵駅
16時00分 駅内から見ると上部のステンドグラスが鮮やか
16時08分 蛸地蔵駅から紀州街道までは、独特の落ち着いた商店が並んでいて、
      
土生郷街道で最もムードが良い場所だと思う。
      
紀州街道に近いあたりには地蔵道標もあった。文字は、左・右から以下は布に隠れて読めず。
16時20分 駅名表示がなかなかいい。
16時22分 時間待ち中にラピートが通過