※画像をクリックすると拡大画像(約100K)になります。
大阪風景
安治川沿岸風景
玉川付近
←(左)
板塀と塗壁
(右)→
中庭がある家
2003.10.25撮影
←(左)
路地
(右)→
グリーンハウス
2003.10.25撮影
←(左)(右)→
川口3丁目
橋の様な建造物
2003.11.01撮影
橋状の起伏のある道路なのですが、横から見ても水路があった様な
痕跡は見えません。一体、何のための上り下りなのでしょう?
右上写真中央あたりの背景の建物の壁には大きな岩が壁の一部
の様に塗り込められているのですが、これも不思議です。
←(左)
富島渡船場跡

(右)→
堤防の様な建造物
2003.11.01撮影
←(左)
外人雑居地跡
(
11/8訂正)
レンガ塀が低く
残されています。

(右)→
レトロビル
2003.11.01撮影
上左写真を川口居留地跡としていましたが外人雑居地跡の間違いでした。
上右のレトロビルの周りにもあります様に、堤防の様なコンクリート壁
は川口町の多くの場所に見られます。
そして右奥へと向かう道路が、まるで橋でも有るかの様に盛り上がって
いるのも何か理由がありそうで気になってしまいます。