大阪の天神祭

出店が夜店に変わる頃、
川風に誘われるかのように
大勢の人々が大川周辺に集まり始める。

今年の夏も、ほんのつかの間の夢のように
宵宮、本宮の二夜は過ぎ去ってしまいました。

裸電球に映し出された
ほんの一瞬の幻想の様な風景を
わずかでもお伝えできればと思います。
2005年7月24日撮影

場所は最初、天神橋1丁目から撮り始めて
天神橋下流の
西天満公園から大川沿いに上流へ向い
川崎橋を渡って銀橋をくぐり、源八橋までが上り。
源八橋付近には出店はほとんど無く、
同じ道を下って銀橋下500mぐらいのあたりで
暮れるのを待ち、少しづつ下って、来た道をそのまま
引き返し天神橋付近では、ほぼ暗くなっていました。

DSCN0567 DSCN0568 DSCN0569 DSCN0574 DSCN0576
DSCN0585 DSCN0593 DSCN0597 DSCN0598 DSCN0599
DSCN0600 DSCN0601 DSCN0610 DSCN0614 DSCN0617
DSCN0622 DSCN0632 DSCN0636 DSCN0637 DSCN0643
DSCN0660 DSCN0661 DSCN0663 DSCN0665 DSCN0672
DSCN0673 DSCN0675 DSCN0676 DSCN0678 DSCN0680
DSCN0682 DSCN0684 DSCN0688 DSCN0689 DSCN0690
DSCN0693 DSCN0694 DSCN0699 DSCN0701 DSCN0710
DSCN0711 DSCN0713 DSCN0716 DSCN0719 DSCN0720
DSCN0724 DSCN0726 DSCN0728 DSCN0729